口臭対策を研究してみた
ナタ・デ・ウォッシュ

ナタ・デ・ウォッシュを使ううちに不満が出てきました。

今回は3つの不満を本音で語ってみようと思います。

その3つとは以下のとおり。

(1)口の中の唾液がなくなる

(2)浮いている汚れは本当に汚れなのか?

(3)洗面所が汚れる!

 

(1)口の中の唾液がなくなる

ナタ・デ・ウォッシュの成分にエタノールが入っています。

アルコール成分は水分を奪ってしまうのでかえって口が乾燥しやすくなります。

夜寝る前にナタ・デ・ウォッシュで軽く口をすすいでから寝てみたのですが、
寝る前にすでに口の中が乾いて唾液が全くない状態になります

口臭の原因って唾液が少なくて口の中が乾いてしまうことですよね?

口臭を予防するには口の中に常に唾液がないといけません。

ただでさえ睡眠中は唾液の分泌が少ないのに、さらに水分を奪い、
朝起きたときは口の中は超カラカラです(^_^;)

朝起きたときの口の中のネバネバは気になるほどではありませんが、
これだけ乾いていると口臭がどうなってるのか気になります。

使用方法に「歯磨き前に使用することをおすすめします」と書いてあるのは
そういうことかと納得がいった次第です。

ナタ・デ・ウォッシュは就寝前には使用しないでください!

でも歯磨き前に使用するって、ただのデンタルリンスですよね。

自分は夜寝る前に使って朝起きたときのネバネバを何とかしたかったのに
これでは買った意味がありません!

(2)浮いている汚れは本当に汚れなのか?

実は写真撮影のためにナタ・デ・ウォッシュを使った後に、
すぐにバラ・デ・ウォッシュを使ってみたのですが、
見事に汚れが浮いてきました。

この時点で少し疑念が浮かびました。

「あれっ?これって本当に汚れなのかな?」

考えられるパターンは2通りです。

1.あれは本当に汚れだが、口の中が汚すぎて何度やっても汚れが浮いてきただけ

2.あれは汚れでも何でもなく、何かと化学反応(酸化とか)を起こしてできたもの

もしかしたら本当に私の口の中が汚かっただけかもしれません。

でも、その一方でメーカーの狙いとして「見た目に分かりやすいから」という
目的で、汚れのようなものが浮いてくるように作っただけという可能性もある

思いました。

いずれにせよ、公式サイトには汚れの正体について何の説明もありません。

HPでは「こんなに汚れがあったんだ!」という煽り方で商品を勧めているので
私としては余計に怪しく感じてしまいますが・・・

(3)洗面所が汚れる!

ある朝、奥さんが驚いてました。洗面所がすごい汚れていたのです!

たしか最後に使ったのは私です。ナタ・デ・ウォッシュで口をすすいで
洗面所に吐き出しました。

軽く水を流してきれいにしたつもりだったのですが、翌朝見てみると、
茶色く酸化したような水しぶきが洗面所の周りに飛び散ってました。

思ったよりも水しぶきが飛んでいたようです。
キレイにしなかった私が悪いのですが、吐き出したときは透明だから
分かりませんでした。

もし家でナタ・デ・ウォッシュを使うなら相当気をつけないと
洗面所が汚れてしまいます。

水を流しながら、そーっと口から吐き出すのが正解のようです。

これは試していないので分かりませんが、ナタ・デ・ウォッシュを適量、
シェイカーに入れてよく振ったら、たぶん汚れが浮いてくるのでは?

また空気と混ぜて振ることで時間とともに酸化していく性質があるのでは?

そんな疑問を持ちました。

結論ですが、エタノール入りのマウスウォッシュはなるべく使わない方がいいな
今では思ってます。

リステリンもモンダミンなど薬局で売ってるようなマウスウォッシュは
たいていエタノール入りです。

もし使うなら、マウスウォッシュで口をすすいだ後にもう一度水ですすいで
エタノール成分を消した方がいいのかなと思います。

でもそれだとせっかくのマウスウォッシュのミント味が流れ落ちてしまうので
悩ましいですね。

私としては非おすすめですが、興味のある方は
公式サイトを一度覗いてみてください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓