口臭対策を研究してみた

kurumayoi

家庭内のお話なのですが最近私は本気で悩んだことがありました。

それは先日、家族みんなでドライブしていたときのことです。

私は運転、子ども2人は後部座席のチャイルドシート、そして助手席には奥さんが座っていました。

私は車に乗って数分で気付きました。

助手席の奥さんの口臭がやや鼻をつまみたくなるような
「歯磨きしなかったのかな?」というくらいの嫌な匂いだったのです。

家族だからこそ正直に言いますが、私はその口臭で車酔いしてしまうのではないかと感じたくらいです。

ただ、普段からそういったエチケットに気を付ける奥さんですので
この日は本当に珍しかったです。

私はいっそのこと口臭に対して何か言おうと思いました。

しかしです、

いくら一番身近な奥さんとは言え、女性です。

しかもかなり短気な奥さんですのでもし指摘するにしても言い方次第では
機嫌を損ねさせて最悪なドライブになってしまう可能性があります。

私は運転をしながら家族と楽しい会話をしているフリをしながら本気で悩みました。

そこで思いついたのが車に常備している『ガム』です。

「これならさり気なく言えるし、口臭も良くなるだろう」と考えました。
そして思い切って私は奥さんに言いました。

「あ、口が寂しくない?ガムでも食べたら?」

奥さんはその本当の意味に気付くことなく、

「あ、そうだね」

と、無事ガムを口に入れてくれました。

そこからは奥さんの口臭がミントの香りにかわり事なきを終えました。

口臭を指摘することは時に人を傷付けてしまうことがありますので
改めてエチケットの大切さと、言葉の使い方の大切さを考えさせられた出来事でした。