口臭対策を研究してみた

shikanburasi
加齢により口臭の原因というのもいくつかあって、若いときに比べて注意しないといけなくなってきます。

歯周病や歯肉炎などあったり、単純に食べカスが歯の間にたまって口臭の原因となります。

虫歯がある場合はそれだけで口臭の原因となりますので、即、歯医者に行って治療すべきですね。

それだけでなく、日々の口腔内のお手入れで口臭を低減することができますので、是非実践したいものです。

歯間ブラシとフロスを1日1回は使う。そして歯ブラシによる磨き方を丁寧に行うようにします。

歯間ブラシ、フロスは歯医者さんの指導によることもあるのですが、実際をこれを継続していくには自分の意識が大切です。

「やらないといけない」「やるべきものである」というた決意が必要なのです。

人から言われただけでは、個人差はあるかと思いますが、習慣化するのはなかなか難しいかもしれません。

何がきっかけかと言われると難しいのですが、治療した歯が痛んで再度、治療に行ったことや、歯肉炎が進行すると怖いというような話が実感することができる年齢になってきたからかもしれません。