口臭対策を研究してみた
ドライマウス

drimouse

口臭が発生する一番の理由はドライマウス(口腔乾燥)と言われています。

口の中が乾くと唾液の分泌が抑制されてカラッカラになります

睡眠中や水分が長時間取れないと口の中が渇きますよね。寝起きの口が臭いのもドライマウスです。

具体的な現象としては、舌の細胞が水分が枯渇することで壊死し、その細菌が分解される際に異臭を放つようになります。

ドライマウスを放置すると口臭がキツくなるだけでなく、舌が痛くなったり味覚障害、会話が続けられなくなるなどのトラブルが起きます。

また慢性化することで、舌の表面がひび割れたり、舌や口内の粘膜が傷ついて痛みを感じるようになります。発音しにくくなったり、しゃべりづらくなります。

唾液には抗菌作用、自浄作用などの働きがあります。これがあることで口の中の健康が守られています。

不足することで虫歯や歯周病にかかりやすくなります。また舌苔や口臭がひどくなり健康にも影響します。

ではどうすればドライマウス状態が治るのでしょうか?

まずできることは唾液の分泌を促すことです。

たとえば食べるときはよく噛んで食べたり、唾液を分泌させるガムを噛んだり。

自律神経のバランスが崩れると唾液の分泌量に影響するので、規則正しい生活をし、リラックスを心がけ、ストレスを貯めこまないようにしましょう。

ちなみに歯磨き粉に含まれる発泡剤は舌を刺激して口の乾燥を促進するので歯磨き粉は発泡剤の入ってないものにしましょう。