口臭対策を研究してみた
膿栓 臭い玉

膿栓(臭い玉)とは?

蓄膿症(副鼻腔炎)の方は鼻をかむと
黄色い塊のようなものが出てくると思います。

蓄膿の膿のようなものが鼻から喉の奥に溜まり、
口臭の原因になることがあります。

ここに溜まる膿の塊を膿栓といい、通称、
「臭い玉、匂い玉」などと呼ばれています。

場所はのどの扁桃腺のポケットのような場所。
のどちんこの奥のひだの部分です。

膿栓の場所は以下の図を参考に。

d56c8962

膿栓(臭い玉)ができる原因は?

膿栓(臭い玉)は鼻水の膿が溜まったものと思われがちですが、
実はそうではありません。

扁桃腺のポケットのようなくぼみは誰にでもあり、そこに
細菌の死骸や食べかすなど汚れが溜まります。

細菌が繁殖し腐敗臭を出すのが膿栓による口臭の正体です。

実はけっこう臭い玉があることを自覚している人は
多く、なんとか自力で取ろうとしているようです。

一つ一つは臭いを閉じ込めたカプセルのように
なっていて、カプセルが破れると臭いが拡散するようです。

つまり破れなければそれほど害はないということです。

膿栓(臭い玉)は耳鼻科で取れます

綿棒や爪楊枝など道具を使うと粘膜を傷つける可能性があるので
もし取りたいなら耳鼻咽喉科に行くことをおすすめします。

ただし膿栓(臭い玉)は取ってもまたすぐに出来ます。
扁桃腺のくぼみがある限りはなくなることはありません。

また診察で軽い蓄膿症と分かることもあり、薬を飲むだけで
解決することもありますよ。

膿栓(臭い玉)を自力で取るなら?

ugai1対策&予防方法としては殺菌効果のあるうがい薬を使って
毎日うがいをすることです。

単純ですがそれが一番効果があります。

外出時なら緑茶や烏龍茶などでうがいをするも効果があります。

うがいの際はできるだけ喉仏くらい奥のところでうがいします。
扁桃腺のくぼみに行き渡るようにしましょう。

やりすぎるとえづいてしまうので、少し顔を上に向けるくらいで
いいと思いますよ。